スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海の仙人 山のやーまん

Tue.22.07.2008 0 comments
sa080721_550.jpg


天井の高いラウンジにて3時間ほど時間をつぶす。
仕事でここに来たが、わたしのやる作業がないのだ。
1週間分のテレビ番組やCMを8チャンネル分録画でき、
タレント名や企業名を入力すれば、見たいものが見られるという
レンタルで月160万というテレビで「篤姫」をひとつ見て、
持ってきた本を一冊読み終える。

「海の仙人」という小説。絲山秋子、著。
読んで、この本を渡したい相手が浮かんだけれど渡し方がわからなくて諦める。

読み終えたところで晩ご飯をいただき、
「今日はもう、帰っていいです。」と言うことなので帰る。
外はさらさらとした風が気持ちいい。そういえば、今日は海の日だ。

絲山秋子さんの本とは装丁買い、で出会った。
ヴォルフガング・ティルマンスの冷たい皮膚の下のような装丁で
「ニート」と言う短編集。サバサバした文体が気に入って、
本屋さんに行くと彼女の名前の本を探すようになった。

「海の仙人」は、会社を辞めて敦賀へ移り住んだ男性と、
そこで出会うファンタジーという名の神様と、ふたりの女性の話。
知らない土地に住む、というのは、どういう感じなのだろう。
わたしは、現実と非現実の間をゆらゆら漂っているような小説が好きで、
よく母に「川上弘美さんみたいな本、ない?」と聞くのだけど
「現実が揺らいでるから、今はそんなん読まん!」とぴしゃりと言われ、
こりゃ、自分で探すしかないな、と思って、いろんな作家の本を読んでみるも、
なかなか好きと思うものが見つからず、
でも、この「海の仙人」はすごく好きな感じだった。
心が平に波打つ感じ。

昼間に、富士山の3100mのところで働いている友人から
ケイタイに写真つきでメールが届いた。
雲の海からのぞく光。今日はおやまも暑いそう。

もう、夏も本番ですね。




■BGM : 「ねうま/窓」

川上弘美 『夜の公園』

Tue.03.06.2008 0 comments
今日は、仕事が一段落したので本が読みたいなと思って本やに行った。
母がよかったと言っていた川上弘美さんの『風花』を手にとったが
まだちょっと違うな、と棚に戻し、前から読みたかった『夜の公園』という本が確か下北の本やさんに売っていたのを思い出し買って来て一気に読んだ。
クッションの上で、身をよじらせながら、丸くなったりしながら読み
気がついたら夜の10時で外では雨がザーザー降っていた。

話の中にはいろんな男と女が出てきて関わり合っていく。
ほんとうの思いをつのらせるけど相手にぶつけることなく飲み込んでいる。
苦しいけれど、ああそうかと思って読み進めていく。

読み終わって、みんないなくなると、
深夜2時の公園が頭にぽっかりと浮かんだ。
静かに、夜を含んだ公園。
そうか夜には、昼に出せなかったものが
暗闇のなかでだけで出せるのか。だから夜は、密度が濃く感じるのか。
必ず夜はやってきて、公園は常にそこにあるんだ。

やっぱり川上弘美さんの書く世界はすごく好きだ。
『風花』も買って読もう。

ゲド戦記、再び。

Fri.29.02.2008 0 comments
sa080229.jpg


電車の中で読んでいたら、
本が漬け物石みたいにずっしりと重くなり、抱えきれず、
ひざに載せて前のめりになって読みました。


「ことばを聞くには静寂がいる。
 星を見るには闇がいる。
 踊りというものはいつもがらんどうの穴の上で、
 底知れぬ恐ろしい割れ目の上で踊られるものさ。」


ゲドは言います。


「死を拒絶することは生を拒絶することでもあるんだよ。」


わたしには大きすぎるこれらの言葉を
こぼさぬように、両手でしっかり握りしめました。

« Prev Page - topTop

2017 / 08月  
sun mon tue wed thu fri sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
日記 (146)
絵 (83)
音楽 (13)
映画 (7)
本 (8)
お知らせ (29)
プレガ (16)
未分類 (8)
アルパカ (1)
おしゃんこ (14)
リンク
このブログをリンクに追加する
twitter
Follow swknn on Twitter
プロフィール

二宮佐和子

Author:二宮佐和子
sadaysへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。