スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

探しちゃってるブランニューラーブ。

Thu.12.11.2009 0 comments
目の前にはない重たい荷物を持ち上げたり、扉を叩いたりする
ちょっと変わったダンスを好んで踊っていた従姉妹が
ダンスの勉強をしにNYへ飛び立ったのは、確か5~6年前のこと。
NYのアッパーイーストサイドとハーレムの間くらいにある
マンションに、日本人の友達何人かとシェアして暮らしていた。
ドアは二重になっていて、鍵も締めるとガチャンと大きな音のする
頑丈そうなものや、締め付けられたら痛そうな
ぶっとい鉄の鎖のものが4つか5つ付いていて、
廊下をはさんだ扉の向こうにあるトイレに行くにも
その鍵を全部はずして行かなければ行けないので、
トイレに行きたくなる前にトイレに行かなければならなかった。
まるで牢屋のようだ、と思ったが
そこは物騒な地域なので、それは当たり前のようだった。

部屋は映画や雑誌でみるような、
海外で暮らす日本人の女の子、と言った感じの
こじんまりとした中に好きなものがギュッとつまった部屋で、
扉を開けるとお香や香水の香りがして、
壁には友達と撮った写真や好きなフライヤなどが
アクセサリなんかと共に飾られていて、
造り付けの棚には、
いくつかのリキュールの瓶が並び(中には焼酎もあった)、
とても彼女らしい雰囲気の部屋だった。

従姉妹はそこでの3年間の暮らしの中で、
NYで10年程生活をしているグラフィックデザイナの彼と知り合い、
彼女の帰国とともに、その彼も日本に帰ってくることになった。

わたしは二人の間に、ロストイントランスレーションのような、
ドラマチックなものを感じて、
キラキラした思いで二人のことを見ていた。
ロストイントランスレーションの内容とはリンクしないけれど、
ちょうどその頃、上映されていたのだったか、
海外で知り合う二人の男女、という点だけで
勝手にイメージを重ねていた。

それで、その彼が作ったのがこのPV。





探しちゃってるブランニューラーブ☆
餓鬼レンジャー
(今までわたしは勝手に、飢餓(キガ)レンジャー、
 と思っていたけど正しくはガキレンジャー。)の
ポチョムキンさんという人と、 向井秀徳が一緒になって作ったものです。

「お友達に、宣伝しといて☆」

と先日従姉妹より電話があったので、宣伝しておきます!
アナログでかっこいい!

ついでにその彼がつくったForce of natureのskyy high





NYがいっぱい詰まっていて、
わたしはこれを見るといつも泣きそうになります。
とても好きなPVです。

« わたしたちがギャラリーにいる日のお知らせ - Home - ペレストロイカは革命運動 »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

2017 / 11月  
sun mon tue wed thu fri sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
日記 (146)
絵 (83)
音楽 (13)
映画 (7)
本 (8)
お知らせ (29)
プレガ (16)
未分類 (8)
アルパカ (1)
おしゃんこ (14)
リンク
このブログをリンクに追加する
twitter
Follow swknn on Twitter
プロフィール

二宮佐和子

Author:二宮佐和子
sadaysへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。