スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「空気人形」

Sun.15.08.2010 0 comments
うちの近くのゲオが、新作も旧作もなんでも80円!セール
をやっていたので、「空気人形」を借りて来てみました。


空気人形  2009/日本 
監督:是枝裕和 原作:業田良家
出演:ペ・ドゥナ ARATA 板尾創路




きれいで残酷で
悲しくて微笑ましくて
優しくて恐ろしくて

いくつもの相反する感情が
いっぱいつまった映画でした。

でも本来はそういうものなんでしょう。
あらゆることは、ひとつの感情におさまりきることはできない。


男女でも、
好きなもの同士なのに、うまくいかなかったり
親子でも、
すごく近いのに、遠くに感じたり
友達でも、
気にしあってるのに、そっけない様子をよそおったり。


一筋縄にはいかないことばかり。


劇中にながれてきた、吉野弘さんの詩。
世界がこんな風だったらいいと思うし、
きっと世界はこんな風なんだろうと思います。





生命は    吉野 弘


生命は
自分自身で完結できないように
つくられているらしい
花も
めしべとおしべが揃っているだけでは
不充分で
虫や風が訪れて
めしべとおしべを仲立ちする

生命はすべて
そのなかに欠如を抱き
それを他者から満たしてもらうのだ

世界は多分
他者の総和
しかし
互いに
欠如を満たすなどとは
知りもせず
知らされもせず
ばらまかれている者同士
無関心でいられる間柄
ときに
うとましく思えることさえも許されている間柄
そのように
世界がゆるやかに構成されているのは
なぜ?

花が咲いている
すぐ近くまで
虻の姿をした他者が
光りをまとって飛んできている

私も あるとき
誰かのための虻だったろう

あなたも あるとき
私のための風だったかもしれない

« プレガ断髪式 - Home - 「今日も、迷子。」 »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

2017 / 09月  
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
日記 (146)
絵 (83)
音楽 (13)
映画 (7)
本 (8)
お知らせ (29)
プレガ (16)
未分類 (8)
アルパカ (1)
おしゃんこ (14)
リンク
このブログをリンクに追加する
twitter
Follow swknn on Twitter
プロフィール

二宮佐和子

Author:二宮佐和子
sadaysへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。