スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオサカ!

Thu.26.11.2009 0 comments
sa091125_00.jpg


太陽の塔、
写真やキーホルダー、模型やピンバッチでは見たことがあったけれど
実物を見たらそれはそれはすごかった。
曇り空の下、広々として閑散としていた万博公園にそびえ立つ
太陽の塔を、遠くから近くから、前、後ろ、横、斜め、
しゃがんだり、背伸びしたり、逆さまになったり
いろんな角度から見てみたけど
全部違うように見えて、「こりゃすごいわー」と、
にゃりちゃんといつまでも見ていられそうでした。

大変感動したので、その日の夜、
ホテルのベッドの上で描いた自画像は、
太陽の塔、仕様。


今日、初日を迎え、一段落したお昼過ぎに
ふらっと立ち寄ってくれたお客さんが
そのできたての自画像を見て、「うわぁ!」と声をあげ、
ケイタイの画面を見せてくれました。
待ち受け画面に太陽の塔。
(あ、ストラップに石川さん!!)

わたしも思わず、自分のグレイッシュな
太陽の塔待ち受け画面を差し出し、
話が盛り上がりました。


sa091125_02.jpg


「太陽の塔の中って、どうなっているんでしょうね。 一度入ってみたいですよね。」
と話していたら
その後に来たお客さんがたまたま、
「私、何年か前に抽選で太陽の塔の 内部に入れる機会があって、入ったんです。
 中は螺旋階段になっていて、
 生物の進化の過程が順番にぶら下がっているんだけど、
 もう壊れて下に落ちているのとかもあって、 そのままにしてあるんです。
 それがリアルですごく感動して…。」

と、まさか直後に実際に入ったことのある人の
話が聞けるなんて思っても見なかったものですから、
そのタイミングにびっくりしました。

こういう、思いも揺らぬ連鎖反応みたいなものって、
すごくおもしろい。


sa091125_01.jpg


搬入は、
「600枚をふたりで、3時間内に展示するなんて 絶対にムリやはず!」と
にゃりちゃんのお父さんとお母さんが早めに来て、
手伝ってくれました。
ギャラリーの代表の中西さんもずっと手伝ってくれました。
ほんとは、かっこつけて、
バシッと出来上がった後に見てもらいたかったけれど、
おじちゃんとおばちゃんがいなかったら、
ああ~、終わらないよう~って泣いてたと思う。
感謝感謝です。
お昼にお寿司を持ってやってきてくれた
ひろこおばちゃん(にゃりちゃんのおかあさんのおねえさん)も
ごちそうさまでした!

18時前に、それではよろしくおねがいします、
とギャラリーを後にし、東京に戻って来ました。
とても名残惜しかった。
自画像たちが、「帰っちゃうの~?」って
言ってるような気がしました。
次に行くのは27日(金)の夜行バスです。
わたしたちのいないところで、
あの広い教室で、わたしたちの分身達が ゆらゆら揺れてるのかと思うと
変な感じがしますがそれもまた、悪くないな。
留守中、よろしく頼むよ。

« 11月28日のオオサカ - Home - うまくいく守 »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

2017 / 09月  
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
日記 (146)
絵 (83)
音楽 (13)
映画 (7)
本 (8)
お知らせ (29)
プレガ (16)
未分類 (8)
アルパカ (1)
おしゃんこ (14)
リンク
このブログをリンクに追加する
twitter
Follow swknn on Twitter
プロフィール

二宮佐和子

Author:二宮佐和子
sadaysへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。