スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たいよう

Sat.31.07.2010 0 comments
sa100730_550.jpg



「きたかぜと たいよう」

あるひのこと、きたかぜが たいように ちからじまんをしています。

きたかぜが いいました。



「ぼくは どんなものでも かんたんに ふきとばすことが できるよ。
 
せかいで いちばんの つよいのは やっぱり ぼくだね。」



すると たいようは いいました。



「ふふん。たしかに きみは ちからもちだ。

 でも、いちばん っていうのは どうかな?」

そこで ふたりは ちからくらべを することに しました。

「よし、それでは ちから くらべを してみよう。

 あそこを あるいている たびびとの きている ふくを
 ぬがせたほうが かちだよ。」

「よし、いいだろう。さいしょは きたかぜくん、 きみの ばんだよ。」

きたかぜは ちからを こめて たびびとに かぜを ふきかけます。

たびびとのふくを ふきとばそうと いうのです。

ところが たびびとの ふくは ぬげません。



「ああ、なんて さむいひなんだ。」

きたかぜは さらに ちからを こめて かぜを ふきつけます。


「ぶうぉー! ぶうぉー!」

ところが ふくを ふきとばすどころか
たびびとは さむがって
コートを まとってしまったのです。


「あー さむい さむい!」

きたかぜは とうとう あきらめてしまったのでした。



「ふふふ、どうやら だめなようだね。

 さ、こんどは ぼくの ばんだよ。みていて ごらん」

たいようは そういうと さんさんと かがやきはじめたのです。

ひえきった そのばしょは みるみると あたたかく なっていったのでした。

「あー、あつい、あつい。きょうは なんという ひだ!

 さむくなったり あつくなったり!もう、たまらん!」


そういうと たびびとは おもわず ふくを ぬぎ
かわに とびこんだのでした。

それをみた きたかぜは たいように いいました。



「なんでも ちからずくで すまそうとした ぼくが まちがっていたね。

 ぼくの まけだよ。」



きたかぜは はんせいし それからというもの
じぶんの ちからを
じまんすることは にどと なくなったのです。


(イソップ物語より)



たいようがガンガンてらしたら、みんなそろってすっぱだかね!

« お祭りわっしょい! - Home - pass into silence »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

2017 / 11月  
sun mon tue wed thu fri sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
日記 (146)
絵 (83)
音楽 (13)
映画 (7)
本 (8)
お知らせ (29)
プレガ (16)
未分類 (8)
アルパカ (1)
おしゃんこ (14)
リンク
このブログをリンクに追加する
twitter
Follow swknn on Twitter
プロフィール

二宮佐和子

Author:二宮佐和子
sadaysへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。