スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の日を前に思う

Sun.09.05.2010 0 comments
ジャンベ、フランス語、韓国語、ゴスペル、
デッサン、ギター、エアロビクス、ヨガ、
あとなんだっけ、、
興味を持ったことには全て果敢に挑戦し
未だ、自分とは何かを模索しつづける母。

わたしが小学生の頃、
母の日におこづかいで買ったカーネーションをあげたら
「花より団子」と言い放ち、わたしはおトイレで泣きました。
実家のある福岡で数年前に起きた大地震後、
「物につぶされて死にたくない」と
次々に家の中の物を捨て始め、
シンプルな生活を目指している母に、
母の日、誕生日、クリスマスが来るごとに
何を贈ろうかというのが悩みの種です。
そして今年も母の日が来てしまいました。

母に教えてもらったことは数限りないけれど
一番最近に教えてもらったことは
「愛について」です。
こういうことを、ここにこうして書くのはとても恥ずかしいのだけど
今日は母の日、特別よ、と思い、書くことにします。


母は、わたしが
「ごぼうご飯のつくりかたって、どうやったっけ?」
とか
「静謐、ってどういう意味?」
とか
いきなし電話で聞いたとき、えー、とか言いながらも
必ず答えてくれます。
だからそれと同じくらいの感覚で聞いてみました。


「愛する人というのは、自分の分身のように
 いつもどんな時も自分の中にいる人。
 例えば朝目が覚めたとき、美味しいものを食べたとき、
 感動したとき、悲しいとき、
 どんなときでもその人は…と思う。
 私イコールの人。

 本当に、自分の分身のようにぴったりと重なり合い
 真綿に包まれたかのように、
 一緒にいて自分が心から穏やかに自然体でいられる人が
 他の人とはちょっと違う、愛する人かな。」


あの人にも、あの人にも、あの人にも、あの人にも、
そんな「愛」を持てる人を見つけられれば、
見つけてる人はそれを大事にしてくれれば、
と思っています。


ああ、恥ずかしい。ごめんね、ありがとう。
なんにも用意してないけど、お母さん明日電話します。

« もうすぐ展示のお知らせをします。 - Home - REPUBLIC vol.6 at UNIT »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

2017 / 11月  
sun mon tue wed thu fri sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
日記 (146)
絵 (83)
音楽 (13)
映画 (7)
本 (8)
お知らせ (29)
プレガ (16)
未分類 (8)
アルパカ (1)
おしゃんこ (14)
リンク
このブログをリンクに追加する
twitter
Follow swknn on Twitter
プロフィール

二宮佐和子

Author:二宮佐和子
sadaysへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。