スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士やーまん日記 その2 ー出発!登山!ー

Thu.04.09.2008 0 comments
sa080901_02_01.jpg


朝は、うそみたいに大陽が照りつけていて、
がんばっていってこい!と背中を押されているようでした。
きんちゃんをペットホテルへ預けて待ち合わせの新宿へ。
そこからバスで河口湖5合目まで約2時間半。
バスでちょっと寝ればいいかな、と思っていたけれど、
わいわいおにぎり食べたり歌ったり遊んだりしていたら
寝る暇もありませんでした。

かおりくんより「わたし今、山、下ってます。一緒に登るよー!」
とメールが入り感極まるわたしたち。
富士山往復する人なんて、聞いた事ないや!すごすぎる!

5合目はすでにひんやり涼しくて、ガスって(←霧が発生している事。)ました。
山小屋レストランでご飯を食べているとかおりくんが登場。
少し肩のあたりががっしりして、たくましくなってるように見えました。
さぁさぁ、あんまりゆっくりしてられないよ!といざ出発です。
まずは目指すは8合目の山小屋まで。

登り始めた富士山は、
テレビや写真や銭湯の壁にある富士山とずいぶん違いました。
黒くて赤くてゴツゴツしているんです。
鬼のゲンコツみたいな岩場を、両手つかいながら、
四つん這いになって登りました。
富士山は火山なんですね。
上の方にいくと植物はゼロで、森林限界だから、
とかおりくんが教えてくれました。
途中に何件も山小屋があり、そこが休憩ポイントなので、
山小屋が見えると、うれしくてがんばれます。
歌ったり笑ったり無口になったりしながら、
みんなでゆっくり登りました。
上の方にいくにつれ、だんだん息苦しく、
吸っても吸っても吸ってないような感じで、
これが空気がうすいってことなんだ、とわかりました。
みんなの身体にも、頭が痛くなったり、気持ち悪くなったり、
少しずつ変化が現れてきました。


sa080901_02_02.jpg


最初の目的地、8合目の山小屋「蓬莱館」についたのが19時。
5時間くらい登りました。
ここがかおりくんが働いていた山小屋です。
山小屋っつったって、ほぼ雑魚寝だよ。
寝ると頭の上に、人の足があるよ。
靴をはいたまま寝るんだよ。
といろんな噂を聞いていたので、
古いけど、つるつるピカピカのきれいな山小屋にびっくりしました。
かおりくんの心意気で、山小屋カレーと
ポテトサラダと卵焼きの晩ご飯が用意されて、
もうおいしくておいしくて、みんなで無心になって食べました。
(となりのテーブルで働いている人たちが食べてた
 ひじきや肉じゃがもおいしそうだったなぁ~。)
そして、8月生まれのわたしとにゃりちゃんと
かおりくんのお誕生日ケーキまで!
富士山でお誕生日のお祝いをしてもらえるなんて、
なんてめでたいんだー。
ありがたい28才です。

頂上でご来光を拝めるよう夜中の1時に山小屋を出発するということなので、
ご飯を食べたら寝袋に入り込んでしばし仮眠です。
仮眠と言っても、みんなぐーぐーいびきをかいたりして、
ぐっすり寝ました。
起きて外に出ると、空にはびっしりと星が!
きっと今まで見たなかで一番たくさんの星でした。
宇宙のことが想像できるくらいの星。
軽く体操をして、頂上へむけて出発です。

« 富士やーまん日記 その3 ーご来光~頂上~下山ー - Home - 富士やーまん日記 その1 ー出発までー »

- comments
0 comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

- trackbacks
0 trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topTop

2017 / 11月  
sun mon tue wed thu fri sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
日記 (146)
絵 (83)
音楽 (13)
映画 (7)
本 (8)
お知らせ (29)
プレガ (16)
未分類 (8)
アルパカ (1)
おしゃんこ (14)
リンク
このブログをリンクに追加する
twitter
Follow swknn on Twitter
プロフィール

二宮佐和子

Author:二宮佐和子
sadaysへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。