スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「哲学の教室」

Thu.09.12.2010 0 comments
sa101208_03.jpg


友だちに借りて読んでいる
「哲学の教室」という本がとてもおもしろいです。
ハイデガー、プラトン、マルクス、フーコー、サルトル、
と、いろんな哲学者が、学校の教室に先生としてやってきて、
高校生や主婦を相手に授業をする、という設定で、
恋愛について、仕事について、正義について、幸せについて、
など、いろんなテーマで話をしてくれます。

どれもとてもわかりやすくてためになって、
ほぉ!と膝を打つところがたくさんあるのだけど、
その中で特に印象的だったのは、
アラン先生(フランスの哲学者。1868~1951。)が「幸せ」について
授業をしたときのこと。

授業が終わって、帰り道に、生徒のひとりが
「幸せは歩いてこない、だから歩いていくんだよー」
と知らず知らずのうちに口ずさんでいた。

というところです。


中学生の頃。
好きな人に告白できず、もじもじしてるわたしに、
ちょっと気の強い友だちが手紙をくれました。
その中に書いてあった言葉。

「身を結ぶなら行動せよ。じっとしていてはなにも始まらない!」

右上がりの癖の強い彼女の字とともに、
そのことを一瞬にして思い出しました。
彼女は中学生にしてすでに、哲学を知っていたんだなあ。
(そのあと勇気の出たわたしは、2回告白して2回フラれたけど、笑。)



チーターの「365歩のマーチ」





改めて見ると、
歌詞がとてもよかったです。


365歩のマーチ / 水前寺清子
作詞:星野哲郎 作曲:米山正夫

しあわせは 歩いてこない
だから歩いて ゆくんだね
一日一歩 三日で三歩
三歩進んで 二歩さがる
人生は ワン・ツー・パンチ
汗かき べそかき 歩こうよ
あなたのつけた 足あとにゃ
きれいな花が 咲くでしょう

腕を振って 足をあげて
ワン・ツー・ワン・ツー
休まないで 歩け
ソレ ワン・ツー・ワン・ツー
ワン・ツー・ワン・ツー

しあわせの扉はせまい
だからしゃがんで 通るのね
百日百歩 千日千歩
ままになる日も ならぬ日も
人生は ワン・ツー・パンチ
あしたのあしたは またあした
あなたがいつも 新しい
希望の虹を だいている

腕を振って 足をあげて
ワン・ツー・ワン・ツー
休まないで 歩け
ソレ ワン・ツー・ワン・ツー
ワン・ツー・ワン・ツー

しあわせの 隣にいても
わからない日も あるんだね
一年三百六十五日
一歩違いで にがしても
人生は ワン・ツー・パンチ
歩みを止めずに 夢みよう
千里の道も 一歩から
はじまることを 信じよう

腕を振って 足をあげて
ワン・ツー・ワン・ツー
休まないで 歩け
ソレ ワン・ツー・ワン・ツー
ワン・ツー・ワン・ツー

* * * *

「哲学の教室 / 著 小川仁志」はAmazonで立ち読みもできます。
一人生(いちじんせい)に一冊、と言いたいくらいのおすすめです!
スポンサーサイト

eπi +1=0

Wed.10.03.2010 0 comments
久しぶりに、じっくり本を読んだ。
お風呂の中や、お布団の中で。
いいなぁ、と思ったものを
きちんと理解して、人に説明できるようになりたい
って思ったから、
いいなぁ、でゆらゆらさせておくだけじゃなくて、
ちゃんと文章にしてみようと思った。
けど、たぶんうまくいかないかもなあ。


「作家は最初の2~3行に全てを込めるから
冒頭を読めば、だいたいそこで好きかどうかわかります。」
というのをどこかで読んで、
わたしもこの本を本屋さんで立ち読みしたときに
冒頭の2~3行で好きかも、と思ったので
買って読むことにした。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 彼のことを、私と息子は博士と呼んだ。
そして博士は息子を、ルートと呼んだ。
息子の頭のてっぺんが、ルート記号のように平らだったからだ。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

というのが最初の2~3行だった。

この話は、64歳の数論専門の元大学教師の博士と
家政婦として派遣された私と、10歳の息子の話。

博士は、17年前に交通事故に遭って頭を打ってから、
ものごとを記憶する能力が失われてしまい
80分しか記憶が持たない。
30年前に自分が見つけた定理は覚えていても、
昨日食べた夕食のメニューは覚えていない。
博士はいつも背広を着ていて、大事なことをメモに書いて
背広に貼付けてある。
博士が動くたびに、そのメモがかさこそと音がする。
メモには意味不明の記号や数字や言葉の断片が書かれてあり、
それらに加えて
「僕の記憶は80分しかもたない。」
「新しい家政婦さん。」「と、そこの息子10歳」というメモが
貼付けられている。

博士は毎日、玄関に現れる初対面の家政婦さんに
靴のサイズや電話番号、郵便番号や自転車の登録ナンバーをたずねた。
数字が博士にとっての言葉であり、相手と握手をかわす手段であり
自分を守るオーバーの役割をしていた。

博士はその数字が友愛数
(ふたつの数字の約数の和が、お互いに相手の数字と等しくなるという数。
たとえば220と284。
220の約数を足したものは、1+2+4+5+10+11+20+22+44+55+110=284
284の約数を足したものは、1+2+71+142=220)
や素数、完全数かどうか、
瞬時に見つけられた。

数式の絶対的な正しさ。
奇跡的な確率で結ばれる数字の組み合わせ。

それに比較して
記憶が80分しかもたない、という博士の不完全さ。

=(イコール)で結ばれていることは、
絶対的に等しくなくてはいけない。
等しくなければ、=では結ばれないから。
だから数式には、ゆらぐことのない、
誰にもじゃまされない、潔いものがある。

どんなに確かだと思ったものでも、
80分たてば、博士のなかでは、それは消えてしまうから、
数式の、何があっても狂うことのない
絶対的な存在に、博士は惹かれていたのかもしれない。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

博士は常に静けさを求めた。
「ああ、静かだ。」
数学の問題を解いて、正解を得た時に感じるのは
喜びや解放ではなく、静けさだった。
昔からずっと変わらずそうであったかのような、
そしてこれからも永遠にそうであり続ける確信に満ちた状態。
博士はそれを愛していた。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

「真実の直線はどこにあるか。それはここにしかない」
博士は自分の胸に手を当てた。虚数について教えてくれた時と同じだった。
「物質にも自然現象にも感情にも左右されない、
 永遠の真実は、目には見えないのだ。
 数学はその姿を解明し、表現することができる。
 なにものもそれを邪魔できない。」


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

窓からまっすぐの光が差し込むような
この小説のことを自分の言葉で書こうと思ったけれど
小説を引用するほかに私の言葉でうまく書ける自信がない。
この小説は、内容を伝えるとともにその情景まで美しく描かれていて
文章がとても美しいのだと思う。
台詞のすくない、たたずまいや留まる空気を映す映画のよう。
読んだ後も、廊下の向こうから歩いてくる博士の胸から下がった
カードケースのゆらめきが、光に反射してキラキラしている情景が
ずっと頭に残った。

実際のわたしたちの身の回りにあるのは、
曖昧で不確実なことばかりで
だからこういう小説に惹かれるんだろう。

博士が数式に惹かれるのと同じようなものかな。



「博士の愛した数式」 小川洋子

「ガープの世界」

Sat.25.07.2009 0 comments
sa090724_01.jpg


部屋の隅に転がっていた「ガープの世界」
口から煙を出すおじさんと2つの影の絵が表紙に描かれていて
なんとなく手に取ってみた。
ジョン・アーヴィングという人の著作で、名前はどこかで聞いたことがあった。
普段読まない人の本を、何の前知識もなく読んでみたらどうかな、
というのと、その表紙とタイトルになんとなく魅かれるものがあったので
パラパラとめくってから、借りて読んでみることにした。
とはいえ、わたしが好んで読むのは
もわんとした、微妙な、あやふやな、揺らぎのある、
間、とか、空気感とか、そういうのが感覚的に感じられる、
そういう小説だったりするので、(というこの説明もすごいあやふやだけど)
外国の人の作品は、感覚で読むのはなかなか難しいし、
地名や名前が英語なので、イメージが自分の中でしにくかったりで
なんとなくすんなりは読めずに途中でやめたりしているものが多かったので
ちゃんと読めるかな、というのはあったけれど、
まぁ行けるとこまで行ってみよう、と思って読み始めてみた。

「ガープの世界」とあるだけに、ガープの生まれる前から死んだあとまでを書いたもので、
あとから調べてみると、ジョン・アーヴィングの半自伝的小説、ということだった。

ガープは看護婦であるジェニーとガープ軍曹の間に生まれる。
ジェニーは子供だけが欲しいという理由で、
戦争で重傷を負い言葉もうまく発することのできないガープとの間に子供をつくり、
しばらくしてガープは死んでいく。
ガープが死んだ時、ジェニーは何も感じなかったわけではないが、
自分の体の中に最良のものがあることを感じ、
それが彼が生き続けることの唯一の方法であり、
また自分が子供を持つことができる唯一の方法だった、とのちに語っている。
そして子供に父親と同じ、ガープという名前をつけた。

ジェニーはものすごい読書家で、自分でも自伝的な小説を書き始める。
そしてまたガープも小説家となる。
ガープは結婚して、子供ができる。
そして様々なできごとが、ガープの身に降り掛かる。

「ガープの世界」の中でも、ガープの書く小説の中でも、
暴力的なシーンや、死や、女の人が強姦されたりするシーンが多くて、
読み進めるのがつらいところがあった。
どうして、こんなことばかり起こるんだろう。
そしてそれをどうしてガープは自分の書く小説の中にまで登場させるのだろう。
それらの出来事は何を物語ろうとしているのだろう、と思い
なんとか最後まで読み進めてみたが、その答えはよくわからなかった。

まるで映画や小説のように、この小説の中で起こる出来事は
わたしの現実とはほど遠くかけ離れていた。
次から次へと残酷な出来事が起こり、
ガープの書く小説も多くの人から批判される。
読みながら、いつかガープは壊れてしまうんだろう、
そういう風にこの小説は進んでいくんだろうと思っていたけれど、
ガープは自分を見失わず、大切なものを守り続け、
死んでからも残された人の中で生き続けた。
残酷なことの多い小説だったけれど、全編に流れている空気は、
暗くてじっとりしたものではなかった。
むしろ不思議なくらいカラっとしたものを感じて、
それは、ガープのもともと持っている明るさや
周りの人の温かさからくるものなんじゃないかと思った。

この小説を読み終わって、はぁー、やっと読み終わったぞ!という充足感と、
なにかこう、体の中に残ったものがあったけれど、それが何かはわからずにいた。
なんとかそれをまとめてみよう、と思っていたところ、
夢の中で「物事には、二面性があるのよ。」と誰かが言った。

物事の、ある側面だけをとらえて、こうだからこう!と断言することはできない。
それには表もあれば裏もあって、右も左も、内側も外側も、中間もある。
だからこの小説の中で起こる残酷な出来事を
違う方面から見てみようと思ったけれど、それをわたしは見ることはできなかった。
でも、きっとなにかあるんだろう。わかんないけど。

「読んでよかった」とこの本を薦めてくれた人が言ったそうだが、
わたしも「読んでよかった」と思った。
他のいくつかの印象的な物語を読むとそうなるように、
ふとしたときにガープやその周りの人々のことを思い出すんだろうな。
それから面白かったのが、
小説の中に「脂肪シチュー」というあだなの名前の人がでてきて、
太った金持ちの人なんだけど、
(「彼は大柄な、肥った男で、樽を思わせるそのお腹はいまにも破裂して、
中身がすべてこれ胃であることをみせようとしてるかのようだった。」)
その名前の付け方に、なんとなくジョン・アーヴィングの
ユーモアのセンスみたいなものを感じた。
油が多くて、ぎとぎとした感じ。

昨日、J・アーヴィングが原作の「サイダーハウスルール」の映画を見たけれど、
これもすごく良かった。
同じように、残酷な部分もあるけれど、人間の温かい感じは、この人の持ち味なのかな。
にゃりちゃんの大好きなスパイダーマンのトビー・マグワイアが出てるから、
にゃりちゃんには是非見てもらいたい映画です。

次はなにを読もうかな。
そう思えるのもまた、本の持つ楽しみのひとつであります。

お父さんとお母さんが迷子になりました。

Mon.06.04.2009 0 comments
sa090405.jpg



「ノルウェーの森」を、最初は少しずつ読んでいたのだけど
下巻は、一気に読みました。最後は涙が少し出ました。


人生って、複雑でめんどうなことが多いけど
人と関わり合うことで、どんどん色が付いて匂いが付きまとって季節を感じて、
それっていうのがつまり、人生が豊かになる、っていうことなのかな。

と、ちょっとわかったような気持ちになったけれど。

でもそのただ中にいるときはきっと豊かなんて思わない。
いつそれに気付くかもわからないし、誰がそれを決めるんだろう。

テレビの中で、タレントが泣いていた。
わたしは恋はしません。今の自分でいたいから。
今の自分を壊したくないから。
恋はしないように気をつけています。
でもその子は泣いていた。
隣にいた人が、
「でもね、あなたは今(胸の辺りを指差して)ここで思っていることと
(頭を指差して)ここで考えていることが違うから、心がきっと泣いているんだよ。」


だからそのつまりえーっと。


こうして小説を読んで思ったことも、頭で理解しているだけなのかもしれない。
わぁー! わたし今、人生が豊かだ! って思ったらちょっと気持ち悪いかもしれない。
あっ、でも、瞬間的に思うことはあるかもしれない。
瞬間、瞬間が積み重なって、形成されていくのかもしれない。
究極は、生きていることがつまり、豊かなことなのかもしれない。

んー、またわからなくなってきました。心の声に聞いてみるか。


☆タイトルは、にゃりちゃんが小さい頃デパートで迷子になったときに、
 店員さんに言った言葉です。
 だから迷子なのはわたしじゃなくて、世界の方だと今日のところはしておこう。

■最近見た映画
ぐるりのこと。
 監督:橋口亮輔 
 出演:リリー・フランキー 木村多江 倍賞美津子

マイ・ブルーベリー・ナイツ
 監督:ウォン・カーウァイ 
 出演:ノラ・ジョーンズ ジュード・ロウ ナタリー・ポートマン

夏に漱石

Fri.29.08.2008 0 comments
sa080828.jpg


28才のお誕生日に、母からもらった夏目漱石の「こころ」。
しばらく開かずにいたのですが、仕事が一段落した頃、
寝る前に開いては、ネガティブで煮え切らない「先生」に
もやもやしながら眠りに落ちていました。
そして昨夜から朝にかけて、読み出したらとまらなく、
一気に読みました。

「強い『生』の力を感じる」と言った母の言葉とは反対に、
読み終わってわたしは「先生」はすごく弱い人だと感じました。
親友を自殺という形で失い、それをずっと心に抱えたまま、
心を閉ざしたまま生きてきて、最後には自分も自ら命をたってしまった。
「先生」は世間や周りの人との接点を持とうとせず、
自分と奥さんのことを
「最も幸福に生まれた人間の一対であるべき筈」と言いながらも、
奥さんにも閉ざしたまま、一人孤独でいたのです。
奥さんはそれでいつも心を病んでいて、
どうしてそうなってしまったのか、
「先生」に何度も尋ねるけれど、
「何も悪い事はない。そういう性質になったんだ」という限りで、
「先生」は何も語らず、奥さんはますます悲しくなっていました。
それでも「先生」が奥さんと共に生きている限り、
奥さんは幸せだったかもしれません。
しかし、「先生」は「私」に「先生」の過去にあった全ての事を語り、
命をたってしまった。
そして、奥さんの中にある過去に対してもつ記憶を
純白なまま保存しておいてやりたいから、と、
その事実を決して明らかにせず、腹のうちにしまって置いてください。
と手紙に残しました。
きっと何故「先生」が死んだのか何もわからない奥さんは、
ますます苦しむことだと思います。
そんな風に奥さんを残してひとり行ってしまった「先生」を
弱い人だと、わたしは読み終わって思ったのです。

でも、こうして、書きながら再度ページをめくっていくと、
「弱い」と言うのとはちょっと違うな、という気持ちになってきます。
最初はなんだか腑に落ちないことばかり言うなぁ、
と思っていた「先生」の語る一言一言が、
経験に基づいて語られているもので、
説得力のあるものに聞こえてくるのです。

人間には、こういう部分がある、
というのを客観的に書かれたものを読む事で、
良いとか悪いとかは別として、
人間ってそうなんだ、と認める事が出来ました。

親友の死を抱えたまま生きていった「先生」、
「先生」の死をきっと抱えて生きていくだろう「私」、
とそういう風に、魂は受け継がれて続いていくのかもしれない、
と思うと、自分の死も身近な人の死も、
そう怖いものではないようにも感じます。
ただ魂は残っても肉体として会うことができない、
話をすることができなくなる、というのは、やはり悲しいけれど。

んんー、書いててよくわからなくなってきました。
またもう一度、二度と読んだら、気付く事があると思います。
大江健三郎氏は四度も読み、
読む度に色の違うペンで感銘を受けた部分に印を付けていくのだそうです。

「様々な色で記された本は、つまり自分の人生の軌跡だとも言える。
 それぞれの印が物語るそれぞれの時代の自分。
 一冊の本が自分の人生そのものになる」だとか。(母の日記サイトより、引用)

なんて壮大なことだ!!一冊の本が人生そのものなんて!!
そういえば、本を読むというのは人と会うのと同じことだと、
ほぼ日でイトイさんが言っていたとにゃりちゃんから聞いたことがあります。
なるほど、だからやめられないんですね。
もっともっと、出会いたいです。

topTop - Next Page »

2017 / 09月  
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
日記 (146)
絵 (83)
音楽 (13)
映画 (7)
本 (8)
お知らせ (29)
プレガ (16)
未分類 (8)
アルパカ (1)
おしゃんこ (14)
リンク
このブログをリンクに追加する
twitter
Follow swknn on Twitter
プロフィール

二宮佐和子

Author:二宮佐和子
sadaysへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。